よくあるご質問

ウイルス(メール)とは

ウィルスメールは不特定多数の相手に無作為に送付される場合が多く、自分の
意志にかかわらず受け取ってしまいます。ほとんどは「添付ファイル」を開かなければ「感染」しませんから、不用意に添付ファイルにアクセスしないことを心がけることです。
例え「知り合いからのメール」であっても、送った本人がウィルスに感染していることを知らないでウィルス付のメールを送ってくる場合もありますから、「添付ファイル」は慎重に扱うことが重要です。

ウィルス感染への防衛、感染後の対策(駆除やシステムの再インストール等)
にはワクチンソフトの導入や基礎知識が必要ですのでワクチンソフトメーカー
のホームページ等を日ごろから参照されることをお勧めいたします。また、ワクチンソフトメーカー等のホームページでは常に最新のウィルス情報が掲載されておりますので【自己防衛】の手段として有効です。


★「内容が確認できない添付文書は、開かない様にお願いします」
実行型のファイル(.exe等)の場合には、特に注意が必要です。

ウィルスに感染すると、パソコンの動作不安定だけでなく、ハードディスクのデータを壊す場合もありますので、十分な注意を願います。


★被害者のあなたが、加害者になるケースもあります。
OutLook をお使いの方が感染すると、アドレス帳にあるリスト全てにウィルスを自動送信してしまうことがあります。
また、他人に出すメールに、知らないうちにウィルスを添付して送信している方が多数います。
動作概要は、以下に記載されております。
http://www.ipa.go.jp/security/topics/navidad.html

★見ず知らずの人に迷惑をかけるケースもあります。
あなたが参照したHPの管理者(見ず知らずの人)宛てに、HPのキャッシュよりメールアドレスを見つけてウィルスが自動送信され、さらに被害が拡大されるものもあります。
この場合には、添付ファイルの名称はばらばらで、タイトルが無い場合が多いようです。
動作概要は、以下に記載されております。
http://www.ipa.go.jp/security/topics/hybris.html


★防衛手段として
1.安全が確認できない添付文書は開かない様に願います。
2.ウイルス対策ソフトの使用をお勧めします。


■ ウィルスファイル ■

ウィルスはメールで送付されてくるだけではなく、ホームページの閲覧やファイルのダウンロード等でも被害に遭うケースがあります。
メールの「添付ファイル」は開かないようにしているから大丈夫ということはありません。さまざまな方法でウィルスは感染・増殖の機会をうかがっていますから、【自己防衛】が必要なのです。

このようなウィルスに対してもワクチンソフトは有効ですから導入されることをお勧めいたします。


■ウィルスに感染■

万一ウィルスに感染した、あるいは感染の疑いがある場合は、ワクチンソフトメーカーのホームページ等で情報収集を行い適正な駆除作業を実施します。
ワクチンソフトの正規ユーザーであれば、メーカーのユーザーサポートで電話やFAXまたはメールなどで問合わせが可能です。

問合わせ先などは、ワクチンソフトメーカーのホームページやワクチンソフトに付属の取扱説明書等をご参照ください。

一覧へ戻る

News!